創業37年のエステサロン HATTI 新技術インドエステ アーユルヴェーダ専門店 神戸元町本店・神戸三宮・梅田・西梅田 各駅徒歩1分

logo

medical
tel

夜食症候群

皆様こんにちはsign03.gifまだまだ寒い日が続きますが、体調崩されていないですかflair.gif

食事管理はきちんとされているでしょうかbleah.gif
現在、気が付けば夜食が習慣になってしまった、そもそもの夕食が遅い、そんな夜遅い食事が習慣化してしまう「夜食症候群」が急増中なのだとか。夜遅くに食べると太りやすいことは一般的にも知られていることですが、睡眠にも影響し体重増加だけでは話は済まされないよう! 皆様は、夜食症候群になっていませんか?

■夜食症候群が与える悪影響2つ

(1)脂肪を蓄えるおデブ体質に

私たちの身体は、体内時計の役割を果たす時計遺伝子によって、食べた時間帯によって体内での効果や影響が大きく変わってくるそう。

起きてから14時間以降は、脂肪の合成を促す時計遺伝子「BMAL1(ビーマル・ワン)」の働きが弱まり、食べたものが脂肪として蓄積されやすい時間帯。夜遅い時間に食べることが習慣になってしまうと、満腹になると分泌され食欲を抑える働きや、エネルギー代謝を促す働きのある「レプチン」の働きが弱まり血糖値や中性脂肪の値が上昇しやすくなってしまうそうですから要注意!

(2)睡眠を妨げておブス肌に

血糖値が上昇したまま眠りにつくと、寝ている間に血糖値が上下してしまい、身体は熟睡できません。たとえ毎日同じ時間帯に眠っていたとしても、途中で5分睡眠を中断するだけで、お肌の水分量も皮脂量も低下してしまうそう。夜食は太るだけでなく、お肌にも悪影響を与えてしまう可能性が……。
このような事になってしまわないように、くれぐれも食事管理には十分注意しましょうsign03.gif